知人が出会い系サイトやってます
知人が出会い系サイトやってます
アフィリエイトOK
発行者:さすらいの旅人
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2014/07/21
最終更新日:2014/07/22 00:14

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
卒業以来、20年ぶりに高校の同窓会に行った時からこの話は始まり ます。 会が終わった後、高校時代に仲良くしていたヤツと飲みに行きました。 名前はテツ。久しぶりの再会で酒も進み話が弾んだ頃、テツが突然、 「お前結婚して何年だ?」 というので、 「8年半くらいかな」 と答えると 「そうか。今、結婚生活は順調か?刺激あるか?」 と聞いてくる。 それがとっかかりで話聞いてると、どうもテツのとこは夫婦仲が 冷え切ってるよう。結婚10年超えて子供もいる彼の家庭は、夜の 夫婦生活もすでになくなってるとかで、テツは不満な様子。 「出会い系サイトって知ってるか?」 唐突にテツが俺に聞く。 「ニュースとかで聞いたことはあるよ。でも犯罪に巻き込まれたり    で怖いんだろ、あういうの・・・」 と答えると、 「実は俺、登録してちょいちょい遊び相手探してるんだ」 とテツは言う。さらに、 「最初怖いかなと思ったけど、実際はそんなことはないよ。慎重に  相手探すコツ分かれば、それなりの気晴らしは出来る。どうだ、  お前も登録しないか?」 もちろん断りました。しかし、その後テツは出会い系サイトで会った 女性の話を俺にしてくる。しかも人数が一人ではない。 「え~~~、そんな女ほんまにおるのかい??」 と俺が聞いてびっくりする内容まで、話は次から次へと出るわ出るわ。 それをきっかけにテツとは月に2回ほど飲みに行くようになりました。 理由は彼がサイトで会った最新の話を聞きたいため。 かくいう自分も、結婚生活はマンネリ化してて、チョットは刺激が欲し いのですが、テツがしてるような行動にはなかなか手を出せずにいると いうのがホンネなんです。
TOP