期待値で攻略する競馬
期待値で攻略する競馬
アフィリエイトOK
発行者:ロッキー
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:未設定

公開開始日:2015/08/01
最終更新日:2015/08/02 09:06

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
馬券を買えば買うほど、その回収率は75%に収束していく。 控除率25%の壁を超えるためには期待値の高い馬、すなわち民衆に過小評価されている馬を積極的に買うことが、回収率100%超え達成には必要不可欠である。 例えば未勝利戦で前走着順の良い馬、近走続けて馬券圏内に入っている馬などは過大評価になりがちである。 メインレースに比べて平場の下級条件は競馬新聞に掲載される情報量も限られているから、近走着順は馬券購入者にとって大きな比重を占める要素だと考えられる。 このような馬は当たっても見返りが薄いため期待値が小さく、長期的にみると損である場合が多い。 一方その裏で、新聞紙面上では目立たないものの競馬の内容が着実に良化している馬など、過小評価になる馬が必ず存在する。 闇雲に穴馬を指名するのではなく、理詰めで狙える馬が必ずいる。 毎回馬券に絡むというわけにはいかないかもしれないが、独自の理論・ファクターを用いて、長い目で見て回収率100%を超えるような馬を狙うことで、安定して勝つことが可能である。 この携帯bookでは、人気の盲点である「美味しい馬」を1レースにつき1頭推奨し、単勝・複勝馬券を中心に狙う。 できるだけオッズを確認してから購入の判断をしたいので、更新は当日の朝9時までに行う。レース数は1日2~6R程度。 ----------------------------------------------------------------- 5年間で約1億5千万円を儲け、いわゆる「馬券裁判」で有名になった方でも回収率は104%だった。 長期的なスパンで見て回収率200%、300%を狙う事はたいへん夢のある話だが、あまりに非現実的。 私は3年前、実験的に複勝の均等買いで「100レースで回収率100%達成」を目標に馬券購入を行った。 結果は96レース目に目標達成。100レース終了時点での回収率は奇しくも同じ104%だった。 この携帯bookでは「1週間ないし2週間で回収率110%」を達成目標とし、それを積み重ねることで勝ち額を確実に増やしていく。 比較的現実的な達成ラインを設定することで予想のブレを削ぎ、控除率の壁を絶対に超えるという信念で臨む。

目次

第1章
・・・・・・1
第2章
・・・・・・2
第3章
・・・・・・3
第4章
・・・・・・4
TOP